底から一歩一歩強く這い上がる

もろもろと仕事で落ち込む事があり、

昨晩は仕事帰りにホットミルクとチーズパイをいただき、

自宅でお風呂に入り、ROCKIN‘ONJAPANを読んで自分の心身を休めていた。

 

しかし、どっぷりと沈み込み、

「明日、目が覚めなければ良いのにな」と思いながら眠りについた。

 

朝目が覚めて、朝ごはんはちゃんと食べられたけど、

気持ちの沈み込みが明らかで、時間もかなりギリギリの状態で仕事に行った。

 

始業をしてからは、少しだけ持ち直せて、

どん底の状態からは脱する事ができた。

 

とは言えども、調子に乗る事なく、

こういったときだからこそ、1つ1つの事を積み重ねて、

自分自身の自信に繋がるようにしていきたいという強い思いがある。

 

日曜日の天気予報に雨マークが…。

JOIN ALIVEの2日目…。

念の為に、ポンチョの用意と、タオルとビニールを多めに持って行こう。

go!go!vanillasと04 Limited Sazabysが特に楽しみ!

意識が高い低い云々じゃなくて、己がどうあるか。

徒然とツイッターに書ききれなかったけど、言葉にしたくなって、
ブログを書いている。

今年は今までのままではダメだと思うことが多くて、
これまでも色々と動いてはみているものの、
空回りに終わることが多いと感じていた。

ふと、報せを見ると、
かつて挑んで、砕けた事に関する募集が。
枠は狭いのは承知。

挑んでみようと決めた。

来週中、JOINALIVEと関ジャニ∞のライブ前にはまとめて、
準備できるようにしよう。

最近、肌荒れがひどい部分があって、
朝晩の泡だて洗顔とパックを日課にしているけど、
すごく心身が心地良い。
普段でも出来る方法でのケアを続ける事が大事だなと思う。

睡眠も5時間半から6時間をキープするよう心がけてる。
ベーシックの積み直しって大事だなと実感することが多い、最近。

読書も少しずつではあるが、習慣にしつつある。
小説やエッセイ、雑誌も目を通す。
活字を読んで頭を刺激したい欲求が強い。
ネット(SNSも含めて)と自らの在り方を意識する事が多くなっている。
依存し過ぎず、だけど恐れ過ぎず、良い距離感を保っていく事が課題。
物事をフラットに見極める事も、鍵かななんて思っている。

自分自身というOSをいつまでアップデートし続けられるか、
そんな事を今日入った温泉の中で考えていた。
内面も外面も。
自然に身を任せる事も有れども、
自分自身で主導権を握られる所はアップデートし続けていきたいと、強く思った。
とはいえど、限界が来るのが怖いと思っていて、
諦めに身を任せて、惰性で生きてしまうのを恐れる事がある。

やりたい事も多いし、やらなきゃいけない事も多い。
時間の回し方が難しいなと感じる事が多かったけど、
今朝パックをしながら、ベッド周りを夏仕様に出来たので、
少しいけたかなというような手ごたえを感じた。

ながらって意外にバカに出来ない。
朝だと特に時間が限られているし、だけどやる事が多いので。

ただ、集中しなきゃいけない時は集中するけどね。

情報を入れて、昇華して、発信して。
ここも下半期のカギかなと。

急な夏の暑さについていけなくなりそうだけど、
少しずつ夏に追いつこう。

 

ライオンキング観劇から感じた、ミュージカルと日常へのパワーに関する私観

ミュージカルや舞台などの生の表現に、もっと気軽に触れられ、
生活の一部になるくらいに定着すると、日常の彩りがますます鮮やかになって、
そこから素敵なものであったり、ことであったりが増えて広がってゆく可能性が大きいという思いにたどり着いた。

 

ミュージカルの王様と言われている「ライオンキング」を観てきた。
大切な友人がチケットを取ってくれたおかげで、最前席で観させていただいた。

最前席だからという事を抜きにしても、迫力が凄かった。
音の迫力もさることながら、役者さんの生命力の強さや表現力の凄まじさが特に印象に残った。
主要な役どころの方からも、いわゆる役名のない登場人物とされているアンサンブルと呼ばれる方からもそれらを感じた。

 

実はこの観劇の時期、仕事などで歯車が噛み合わない事が多く、
苦しい時間を過ごし、外見よりも中身がぐじゃぐじゃの状態になっていた。
突然涙をこぼしたり、急に集中力がプツッと切れたり、
次の作業への気持ちの切り替えがうまく出来なかったりなど、
それらが押し寄せてきてしまい、破裂の手前まで来てしまっていた。

所々の場面で号泣したし、登場人物に自分を重ねる場面があって、
作品の中にどんどんと引き込まれていって、
気が付いたら力が充填されていくのとともに、
自分自身がオーバーホールされていくのを感じた。

劇場に向かう最中と、劇場から出た後では、全く見える世界が違っていた。
前向きな気持ちを持って、力が漲って、未来を求めていく道を思い出す事が出来た。

 

劇場は前の方の席と学生さんの団体の席は埋まってたけど、
超満員と呼べるような感じではなかった。

率直に「これだけ熱量のある生の表現に触れてくれる人が、もっと増えて欲しい」と思った。

人それぞれ、好きなものや考え方などが違うし、それは当たり前。
その上で、
「一回劇場に足を運んで、触れてみて欲しい」と思った。

「ミュージカルは敷居が高いし、馴染めないんじゃない?」
そういうイメージを抱いている人もいると思う。
というか、自分がそうだった。

それを変える大きなキッカケをくれたのが、今回一緒に観劇に行って、
チケットも一緒に取ってくれた大切な友人だ。
その彼女がCATSの話をしてくれて、すごく興味を持ち、
チケットを取ってもらって、2015年の11月に初観劇した。

号泣した。
大切なシーンで歌われる「メモリー」という歌が、ストーリーと混ざり合って、
すごく鮮烈に自分の中で残った。

その日を皮切りに3回CATSを観劇出来て、幸せな時間をその度に味わえた。

その次に上演されていた「ウィキッド」はタイミングが合わなくて足を運べず…。

今回一年ぶりに観劇をして、また観に行きたいと強く思っている。

チケットに関しては、席によっては3240円からあり、
服装もドレスコードがあるわけではないので、カジュアルで問題はない。
今回のライオンキングの場合は2部構成となっており、間に休憩もあるので、
集中力を保ったままで作品に入る事ができる。

初めてミュージカルを観る人であっても、スッと入りやすいと思う。

その上で、気に入って何回も見に行ったり、
他の作品も見に行くようになったりと広がって行く事間違いなしだと思う。

もともと音楽が好きで、ライブハウスやフェスに行く機会も多い自分ではあるが、
音楽のライブともまた違う高揚感と充実感がある。

今回こういう文章を書いているのも、このライオンキングを観劇して、
その中で自分がこういう文章を書いて、ミュージカルを観に行って楽しむ人が増えてくれたら良いなという事が大きい。

そういう形で発信して行く事で、こういう「楽しい」と思えることがあるという事を、
知ってもらえる事で一個選択肢に入れてもらって、体感するキッカケになったら良いなという事と、
こういうたくさんの「楽しい」を楽しむ人が増えて、拡がっていったら、
日常を進んで行くためのパワーを補充できるし、
パワーを補充できる事で、場合によっては周りの他の人に分けていって、
それが広がって行く事で、見える景色や日常を心地良いものに変えていけるのではと改めて感じた。
北海道では札幌の四季劇場で上演しているので、是非一度足を運んでいただきたいなと思います。

私は、夏フェスが終わった秋にまた観に行きます。

iPad用のキーボードをついに購入

ついに、iPad用のキーボードを購入した。

 

やはり、仕事でパソコンのキーボードで打ち慣れている身としては非常に便利かつ、
長文の打ち込みや早打ちがすごく楽になる。

文を書くことが好きな自分としては、早急に導入をしなかったことの後悔と、
導入をするタイミングが今だったんだなっていうことの相反するきもちがともにある。

 

きっかけは先日友人とライオンキングに足を運んで、
大いに感動するとともに、
書くことが好きである事と、書くことに携わって行きたいという思いが再び芽生えた事が大きい。


購入にあたってはネット販売のサイトや、店舗での確認を何度も行い、
最終的には予算の4000円以内ということと
使い心地や持ち運びの可能性を考慮して、
logicoolのK380に決めた。

 

旅にでも持っていけるのであれば、持って行きたい。

タッチパネルと併用しながら操作が出来るので、利便性が高い。

これからどんどんと使いこなして行きたいし、
文を紡ぎ、発する機会もどんどんと増やして行きたいと強く思っている。

 f:id:flatlandsmile:20170624182837j:image

The Birthday at Premium Melodix!

‪今クールで一番気に入っているドラマ「架空OL日記」との裏かぶりで最近チェック出来ていなかった番組、「Premium Melodix!」‬


‪テニスの関係で時間の裏かぶりが無くなっていたので、当地で放送されていたThe Bitrthdayが出ていた回を録画出来た。

 

この番組は過去にも浅井健一氏やthe pillowsMANISH BOYSなどの長いキャリアとともに未だにカッコいいが出ており、なかなかに良い所を突いてくれている印象がある。‬
‪同時にUNISON SQUARE GARDEN、【Alexandros】、Czecho No Republic、NAMBA69、SWANKY DANKなどの多くのロックバンドも呼んでくれるので、個人的にはかなり好きな番組である。‬

 

そこでOAされたThe Birthdayの「抱きしめたい」という曲がカッコ良かった。

重厚感とともに、飽きが来ないという凄みを感じた。

スーパーマンになれないからこそ、全部を網羅するんじゃなくて、自分の持ち分を心を込めてコツコツと、そしてそれを分け合いながらいけたら素敵だと思う

6月の初めは、5月の良くない流れに翻弄されてしまった。

 

ただ、すみっコぐらしカフェに行ってから、整体に行ってからは、身体とともに心も整えられたので、そこからはビシッと散らかっていた気持ちの整理がついたのを感じた。

 

帰りにカフェでホットミルクを飲んで、気持ちを落ち着けながら予定や思考を整理して、

形にした。

 

閉塞感を感じる事が多い日々や状況に呑み込まれないように、流されないように、

自分のできる事をコツコツとやっていく。

 

やってみる。

 

f:id:flatlandsmile:20170601232515j:image

 

しかし、すみっコぐらしの可愛さは心を丸くしてくれる( ´ ▽ ` )

 

f:id:flatlandsmile:20170601232920p:image

f:id:flatlandsmile:20170601232925p:image

なんだかんだで好きになる音楽はバンドものが多いなと実感。

皐月の踏み出し

5月は春が来たからか、今年は特に良い踏み出しが出来ている。

 

1日に整体に行った後に、三越生活の木で愛用しているアロマのボトルを二本購入して、

後述する架空OL日記の文庫版が2冊ともあったので購入。

帰りにいつも立ち寄る喫茶店でアイスミルクをいただく。

 

2日は仕事でガタガタになる場面があったけど、

なんとかギリギリで乗り切った。

 

その後に職場の同期3人でお蕎麦屋さんで呑み。

仕事関係での意義がある云々ではなく、純粋に色んな話を聞けてすごく楽しかった。

今度はカラオケに行きたいな。

 

帰りにバラエティのDVDを借りる為、TSUTAYAとGEOを渡り歩くも、

録り貯めていたドラマなどの存在を思い出し、何も借りず。

 

あんまんまんがオススメしていた、ブリュレのアイスを買って帰る。

上のカラメルのかたまりと、下のバニラアイス、

それぞれに感触が異なる甘さが美味しかった。

カラメルのかたまりは甘さがぎゅっと凝縮された感じで、

バニラアイスは甘さが広がっていく感じ。

硬さと柔らかさの具合が絶妙に混ざっていたのがすごく良い感じだった。

f:id:flatlandsmile:20170503231401j:image

 

今日は大掃除をする予定が、大寝坊でいきなり狂う。

しかしそこは嘆いても仕方がなかったので、ゆっくりした。

 

twitterで流れて来てからずっと気になっていた架空OL日記のドラマ化。

第1話を観たらすごく面白くて、録画したものを1日に複数回見返している。

原作本が欲しくなったので、出ていた文庫全2巻を購入。

 f:id:flatlandsmile:20170503231410j:image

 

f:id:flatlandsmile:20170503231427j:image

一気に読み進めていくと、期待に違わぬ面白さ。

バカリズムさんが架空のOLとして書いたブログの書籍化で、

こういう日常、すごく良いなと強く思った。

 

f:id:flatlandsmile:20170503231431j:image

架空OL日記を読み進めた後は、購入してから少しずつ読み進めていた、

星野源の「いのちの車窓から」を読了した。

 

もともとSAKEROCKから星野源が好きで、何回もライブには足を運んでいるが、

恥ずかしながら発売してすぐに単行本を手に取ったのが、初であった。

 

読書にうまくシフトして行けなかった時期が長く、

アメトークの読書芸人や又吉さんのドキュメントなどで読書欲を高めるも、

うまく形には出来なかった。

 

今年から漫画や雑誌を含めてもたくさんの本を読もうと、改めて決めて、

少しずつ本を読み進めている。

 

話を「いのちの車窓から」に戻すと、

日常のありのままを星野源の目線で書かれており、

しかもそれがすごく読みやすい。

 

理想のエッセイに巡り会えた気持ちだ。

 

どうしても、自分の場合は説明をくどく書いてしまったり、

文章にまとまりがないことが多い。

ありのままを書こうとするとどうしてもそうなってしまう。

語彙力をつける事も大事なので試みるも、文章に酔ってしまいそうになる事から自己嫌悪することが多い。

 

今回の星野源の「いのちの車窓から」を読んで、改めて思ったのは書き続ける事が大切だという事。

やりたい事にも繋がっているので書き続けたい。

 

それとともに楽しむ事を忘れないようにという大切なことを付け足しで。