原点回帰と未来と今

12月の2日に、Zepp札幌で開催されたPOWER STOCKに行ってきた。

f:id:flatlandsmile:20181204224211j:image

このイベントは札幌の老舗ライブハウスであるKLUB COUNTER ACTION主催しているイベント、

札幌では毎年師走の時期に開催されている。

 

個人的には2009年〜2011年までは連続で参加していたが、

体力の問題から今回が7年ぶりの参加になった。

 

参加できたのは、

GOOD 4 NOTHING

dustbox

BiSH

LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS

THE BACK HORN

この5組。

 

目的にしていたMONOEYESROTTENGRAFFTYに関しては、

年末のCOUNTDOWN JAPAN 1819で観る事に決める。

 

5組とも素晴らしかったけど、

個人的にはTHE BACK HORNのライブがとても印象に残った。

10年以上聴いたり、ライブにも脚を運ぶ機会の多いバンドだけれども、

ここ最近はチェックしきれていなかった。

 

久々のTHE BACK HORNは初めてライブを見た時と変わらず、

歌や音が胸に強く突き刺さってくる。

それを久々に体感して、やはり自分の中ですごく重要なバンドなんだなと再認識した。

 

ここからもう一度立ち上がろう、立ち上がり続けよう、何度倒れても、

そう自分にエネルギーをくれたライブだった。

 

THE BACK HORN、大晦日幕張メッセで観られるのを楽しみに、

日々を頑張ろうと思う。

 

去年に有線で聴いた「プロミスザスター」で射抜かれて以来、

ずっとライブを観てみたかったBiSH。

今回のPOWER STOCKでも楽しみにしていた。

 

数多の猛者どもが魅了されるのがよく分かったライブだと感じた。

かっこいい音にエネルギッシュなパフォーマンスが相まって、

すごく引き込まれた。

 

最後の「beautifulさ」が好きだなと思った。

f:id:flatlandsmile:20181204224223j:image

f:id:flatlandsmile:20181204224320j:image

(BiSHの時間は撮影許可が出ていました)

 

先月買っていた2019年の手帳を、

12月の書けるスペースがあったので、パワストの翌日から本格的に使っている。

f:id:flatlandsmile:20181204224334j:image

LOFTでこの組み合わせを見た時に、

「これは使いたい!」ととても強く思ったので、チョイス。

 

ほぼ日手帳は長いこと使っているけど、

ここからの手帳はもっと楽しんで使っていきたいし、

それに伴って、日々を悔いのないものにしていきたいなと思う。

f:id:flatlandsmile:20181204224346j:image

 

失敗に自分がどう向き合い、そこから何を得るのか。

今日はそういう反省するべき事があった1日。

糧にしていく、この失敗を。

そう強く思う。

 

 

2018年、師走を迎えて

2018年も残り1ヶ月。

 

来年からとかのキリのいい所というよりも、
始める時がその時だというのを日々痛感しています。

 

元旦から始めようと思っていても、
むしろ今その時が始め時だなというのを思っていて、
機を逃さないことの大切さを何度も味わって、
始めること、続けること、どっちも大事だなと実感しています。

 

明日は7年ぶりに、カウンターアクションのイベント、
POWER STOCKに参加してきます。
9月にラインナップが発表になって、今年は行こうと決めたわけで。
BiSHとMONOEYESは確実に観たいな。
イベント自体が、なかなかハードなので、
どこまで参加できるのか、完走できるのかが不安だけれども、
行けるところまで行こうと思います。

2018年の個人的年間チャートTOP20

2018年もいよいよ残り1ヶ月に迫り、今年を振り返るモードになってきた感が出ているここ最近。

 

今回は2018年の個人的な年間チャートを振り返ってみたので、
それをベスト20で発表します。

 

先に言うと、1位の3曲は決め切れず、同着1位とさせていただきます。

それでは、まず20位から11位まで!

 

20位 ちえのわ feat.峯田和伸/東京スカパラダイスオーケストラ
19位 帰り道は遠回りしたくなる/乃木坂46
18位 How long/Charie Puth
17位 no tears let to cry/Ariana Grande
16位 世界はあなたに笑いかけている/Little Glee Monster
15位 フィクション/sumika
14位 今夜このまま/あいみょん
13位 大不正解/back number
12位 ここに/関ジャニ∞
11位 シグナル/WANIMA

 

最近は12位のここにの歌詞にすごく励まされて、奮い立っています。

 

ここからはTOP10、10位から4位まで!

10位 VOLT-AGE/Suchmos
9位 In My Blood/Shawn Mendes
8位 ファンファーレ/sumika
7位 獣ゆく細道/椎名林檎宮本浩次
6位 さよならエレジー/菅田将暉
5位 アイデア/星野源
4位 アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)/MISIA

 

ここからは同率1位の3作品!
取り上げる順番はリリースが早い方から行きます。

 

1位「Lemon」米津玄師
まさに名曲。
先日Twitterでも本人が呟いていた、
「歌い難い」というのは、カラオケで痛感しています…。

 

1位「U.S.A.」 DA PUMP
夏以降に1番聴いていた曲。
聴いていて楽しいし、気持ち良いし、クセになる。
これを機に昔のDA PUMPの曲も再び聴くようになったけど、
今年DA PUMPを再発見出来たのが、個人的な音楽に対するモードなのかなと思います。
それは後ほど。

 

1位「天道虫」 THE YELLOW MONKEY
新曲解禁の時に聴いて、イントロから身体中ビリビリと来て、
中学の時に初めてTHE YELLOW MONKEYを聴いた時を思い出した。
色気のあるカッコいいロックに久々に魅了されました。

 

以上が、2018年の個人的年間チャートTOP20です。

 

今年の個人的な音楽のモードとして、
「振り返り」と「先の進み方」がキーワードにあります。

振り返りは、
下半期にDA PUMPの「U.S.A.」を聴いたこと、
Spotifyを始めたこと、
定期的にカラオケに行くようになったこと、
これらが総合してになります。

DA PUMPは高校生から大学生の終わり近くまではよく聴いていたけど、
その後は、個人的に聴く音楽の系統が変わった事もあり追えていませんでした。

今年の春にTwitterDA PUMPが話題になり、
「U.S.A.」がリリースされ、歌番組で聴いた時に一発で好きになりました。

そこから「U.S.A.」を聴きまくる一方で、
過去の曲も多く聴くようになり、「if…」を始めとした曲もますます好きになりました。

それと時期を重ねて、Spotifyも始めました。
これまでサブスクリプションサービスはどれが良いのかと吟味していたのですが、
諸々を考えて、Spotifyにしました。
Spotifyでは海外のアーティストの曲(チャンスザラッパーやマシュメロなど)や、
気になっているアーティストを聴くことが多かったのですが、
過去の様々な曲も聴けるので色々と聴いて、
AKB48倖田來未辺りのあまり聴いてこなかったけど、
振り返って聴いてみたら良かった曲が多かったので、
振り返るというにも良いきっかけになりました。

また、同時期から定期的にカラオケに行く機会が出来て、
そこでの居心地良さで肩肘張らずに、好きな曲を歌い聴くと良いというのを思い出すことが出来ました。

 

先の進み方については、振り返りに繋がるのですが、
「聴く音楽はもっと自由で良い」
「最先端のものだけじゃなくて、良いと思ったものを大事にする」
などを思い出す事が出来たのが大きいです。

ジャンル問わずに好きだと思ったものを聴き続けていきたいし、
来年もこういった形でチャートを発表して、
振り返ることが出来るように、また明日から精進します。

 

1111

10月が、あまりいい調子と言えない状態だった。

途中で色々なライブを観れたり、友人と飲み歩けたり、

楽しいことあったので、だいぶ救われた。

すごい感謝です。

 

11月は色々と巡ってみたので、いくつか。

時系列にばらつきはあるが、徒然と。

 

f:id:flatlandsmile:20181111210627j:image

京都国立近代美術館名品展 極と巧 京のかがやき」に行ってきた。

前・後期の開催だったため、当初前期もいく予定であったが、

色々とバタバタとしてしまい、行くことが出来なかった。

 

上手く時間を作る事が出来たので、ギリギリに行ってきた。

絵画など多くの名品たちを目の当たりに出来て、

名品たちの刻んできた時間を思い、大いに感動した。

 

富岡鉄斎の夏景山水図や、

竹内栖鳳の若き家鴨、

並河靖之の藤図花瓶に王蝶図平皿…。

印象的な品々がたくさんある。

 

ギリギリにはなったけど、行くことが出来て良かった。

 

f:id:flatlandsmile:20181111210819j:image

Zepp札幌にsumikaのワンマンライブに行ってきた。

2年ほど前にYouTubeで聴いて興味を持ち、

サーキットイベントでライブを目の当たりにして、惚れたバンド。

ワンマンライブのチケットが取れたので、念願のワンマンライブ。

 

大好きな曲をたくさん聴けて嬉しかった。

アンコールの最後で思いっきり泣いてしまった。

 

f:id:flatlandsmile:20181111210759j:image

DAIMARU札幌で開催されたももいろクローバーZの、

結成10周年記念展に行ってきた。

ももいろクローバーZに関しては、曲を聴いたり、

テレビやライブ映像を見たりではあるが、結構好感を抱いている。

 

今回の記念展に行って、ますますももいろクローバーZの魅力に引き込まれた。

メンバーの個性もさることながら、個性的なメンバーが合わさった時の化学反応がすごく、

大いに胸が震えた。

作品を追えていなかったので、少しずつ聴いていこうと思う。

 

f:id:flatlandsmile:20181111210812j:image

Sapporo街バルに行ってきた。

2018年初開催のイベントで、事前にチケットを買って、

お店の街バル用メニューをいただくという企画。

札幌駅と大通りの間の3つの商業ビルのお店が対象になっている。

 

こういったイベントは興味を持っていても、

なかなか機会のなかったお店に行く事によって、

楽しく新規開拓のできる素敵なイベントだと思う。

 

個人的には、

大通ビッセの鳥焼き・おでん こう楽さん、

シタッテサッポロの大衆ビストロ ボンさん、

同じくシタッテサッポロの北海道イタリアンバル ミアボッカさん、

赤れんがテラスのBonheur-ボヌールさん、

の4店舗には初めて行って、新しく出会えた料理とお酒の美味しさに、

胸がいっぱいになった。

 

また、様々な形で行ってみたいと思う。

10月の諸々

f:id:flatlandsmile:20181021230230j:image

10月になって、諸々捗らなくなってしまい、

ブログの更新も出来なかった。

 

何を言っても、書いても空を切るのが目に見えていたから。

 

とはいえ、やってみない事には何も変わらないので、

ブログを書いていこう。

 

f:id:flatlandsmile:20181027140036j:image

f:id:flatlandsmile:20181027140124j:imagef:id:flatlandsmile:20181027140142j:image

f:id:flatlandsmile:20181027140214j:image

10月13日には、No Mapsのサーキットイベントに行ってきた。

Sapporo Neutralで観たBUGY CRAXONE

IDOL DIVERSITYで観たEMPiREGANG PARADE

ROCK DIVERSITYで観た吉澤嘉代子、Attractions、

がそれぞれ印象に残った。

 

f:id:flatlandsmile:20181027140258j:image

f:id:flatlandsmile:20181027140319j:image

同じ日には合間や帰りに色々と飲み歩いた。

前々から興味のあった角打ちも体験出来て、

すごくいい機会になった。

 

昼間にはアロマのワークショップにも参加できて、

実りある充実した1日になった。

 

f:id:flatlandsmile:20181021230235j:imagef:id:flatlandsmile:20181021230245j:image

翌週はファッションサーカスというイベントに行ってきた。

初日に観たGLIM SPANKYのライブと、

2日目にいただいた根室の牡蠣が素晴らしかった。

 

f:id:flatlandsmile:20181027140438j:imagef:id:flatlandsmile:20181027140451j:image

ここ最近はコーヒーを美味しく頂く機会が多く、

ノンカフェインコーヒーは特にお気に入り。

カフェインの過剰摂取を防ぎたいのと、

コーヒーを美味しく飲みたいという自分にとっては、

まさにいい組み合わせの美味しいコーヒーなのだ。

 

10月は細かくブログを書ききれなかったが、

こうして、まとめ出しでもブログを書けたので、

ホッとしている自分がいる。

 

今年も残りわずか。

年末までしっかりいこう。

 

 

 

平成最後の9月

平成最後の9月は、大きな出来事が多過ぎた感がある。

 

9月6日の地震

日常生活を営む事、生きていく事…、

これら以外にも多くのことが当たり前じゃない事を、

改めて突き付けられた。

これを機に、改めて備えをしっかりしようと気持ちを引き締めた。

ラジオと大容量のモバイルバッテリーを購入した。

 

9月24日。

自分の怠慢が元で、家族と衝突した。

そこから、自分の感覚が変わった。

人としてちゃんと地に足を付けて、

整理整頓をして生きていこうという思い、

それらと同時に、自分の思いを形にして、

道を切り拓いていこうという思いが蘇って来た。

 

10月から走り始めて、来年から徐々に本格的に形にして、

分かりやすく示していく事になる。

無題

2018年9月6日の午前3時8分。

 

前日の台風による強風で疲れながらも、
仕事などでの落ち込みから眠れずにいたが、
ようやく寝付いてから1時間と少し経った頃に、
ものすごい揺れが起こった。

 

慌てて飛び起き、家族で声を掛け合う。
ひとまず、全員の無事がすぐに判明した。

 

どうにか寝ようとするも、いまいち寝付けず。
テレビを観ていると、突然電気が消えた。
停電だ。

99%まで充電済みのiPhoneと100%の充電ができているフィーチャーフォン
50%ちょっとまで残っているiPad
モバイルバッテリーで1回分の充電まではできている。
長期戦になるかもしれないと思った瞬間、
iPadiPhoneなどでの情報収集は、少なめにしようと決める。

 

余震が何度も来る。
ひとまず夜明けが来るのを待った。
カーテンを開けて、寝るしかなかった。

 

眼が覚めると、夜が明けていた。
光がこれほどありがたいと思ったのは始めてかもしれない。

ひとまず、机にあったのど飴を舐めることにした。
美味しかった。

 

テレビも付かず、ネットも控えめにしないと厳しい。
切り替えて、読書や今の状況などをメモ書きにして過ごすことにした。

 

下に降りて、リビングで家族と合流。
こういった時に家族のありがたみをなおのこと強く感じる。
お互いへの気遣いや、その時点でできる役割でのチームワークなど、
今まで色んなことがあったけど、この家族で本当に良かったなと自分は思った。

 

朝ごはんを食べ、部屋に戻る。
何年か前のRISING SUN ROCK FESTIVAL IN EZOで購入した、
黄緑のランタン型の懐中電灯が出て来た。
「そういえば…」と思い、箱を開けると、
昨年の関ジャニ∞のコンサートで購入したライトも出てきた。
停電状態がいつまでになるか分からないが、役に立ちそうだなと思った。
同時に部屋にある使える乾電池を集約。
「長期戦になると心許ないかもしれないが、ひとまずは乗り切れるだろう」という量だった。

 

地下鉄を確認すると運休とのアナウンス。
この時点で復旧の目処は立っていなかった。
同僚および上司との連絡。
ひとまず、今日は仕事は休みになった。

 

やり取りの後、前日からの寝不足も含めて、
少し疲れたなと思い、1時間ほどウトウトとする。

 

ウトウトとした後は、ひたすら本を読んでいた。

エッセイを中心に何冊か読みふける。
ここまで集中して本を読むなんて、ここ何年か出来ていなかったなと思った。
これを機に、少しずつでも本を読む時間を多く取ろうと決める。

 

そこから、電気が通って落ち着き始めてからやりたい事をメモに書いていった。

 

夕方になっても、電気は来ず。
正月以来の家族全員での夕食。
「まさかこういう形で…」という気持ちもあったが、
久しぶりに家族全員での夕食、悪くなかった。
ラジオを聴きながらの夕食。
その中でGLAYの「HEROES」が流れてきた。
心に強く沁み渡った。
iPhoneiPadのバッテリーの不安や、CDも聴けなかったので、
ラジオから流れる音楽がすごい嬉しかった。

 

夕食を食べ終えて、真っ暗な部屋に戻る。
少しだけ冷たい炭酸水が美味しかった。
懐中電灯を灯す夜。
少し本を読んで、眠気が襲って来る。
21時頃に眠りについた。

 

9月7日、起きたら6時30分。
9時間以上も眠っていた。
あれだけの地震の翌日にここまで眠れるものだなと、
自分の意外さに驚く。

 

朝ごはんを食べる前に、ガスで沸かしたお湯で頭を洗う事に。
頭を洗うだけでも、ここまですっきり具合が違うものなんだなと驚く。
前夜に入浴が出来なかったため、ボディーシートで体を拭いたので、
これで全身すっきりという事になる。

 

朝ごはんを食べ、情報を確認するも、
地下鉄はまだ見合わせたままだ。
出勤要請の連絡がなかったので、家で過ごす事に。

 

ラジオからの情報の後に、MONGOL800の「小さな恋の歌」が流れてきた。
昨晩のGLAY同様に胸に強く沁みる。

 

家で読書をしていたが、ひとまず外の状況を見ることとして、
家族に必要なものを聴いて買いに行く事にした。

 

コンビニを7件ほど、スーパーを2件ほど、2時間強歩き、
家族が買い求めていたものを買うことができた。
「買い物で買いたいものが買える」
「お店が空いている」
これらのありがたさを強く感じる。

 

家に戻り、遅めの昼食を取り、しばし休息する。

 

家族が戻って、そろそろ夕方になろうとした、
午後5時前。
電気が灯った!
家族とともに大いに喜んだ。
まずは、残り少なかったiPadから先に充電をする事にした。

 

お風呂を沸かしての入浴。
暖かいシャワーに、湯船での入浴。
この気持ち良さにすごく感動した。
「お風呂に入れる、暖かいシャワーを浴びられる、
なんてありがたい事なんだ!」
そう強く感じた。

 

お風呂の後の夕食。
これも家族とともに。
今回の地震の事についてなど色々と話す。

 

部屋に戻り、テレビを付ける。
2日ぶりくらいにゆっくりとテレビを見る。
Mステのsumika初登場が嬉しかったり、
きゃりーぱみゅぱみゅ西野カナ桐谷健太AKB48、CNCO、NEWS。
全てのアーティストの歌がいつになく心地よく響いた。

その後のロンハーに度々クスッとしたり、

そういった、何気ないはずだった事に、すごく嬉しくなった。
少しだけ夜更かしをして、日付が変わる前に眠りについた。

 

9月8日、目を醒ましたら8時過ぎだった。
15分ほどして、下に降りる。
朝ごはんを食べ、食器を洗う。

 

お昼ご飯を食べ、しばらくしてから外へ出る。
信号機が灯っていた。
「昨日の段階では、信号灯ってなかったな…」
少しだけ、日常が戻ってきたのを感じた。

 

かと思えば、いつもなら通れるはずの公園の道が、
台風と地震の影響で通れないという表示を見て、
まだまだ戻らない日常もあるというのも感じた。

 

お店を見ても、営業はしていても、
品物が無くなっていたり、
冷凍の商品が販売されていなかったりと、
いつもの日常の中にも、今回の地震の影響があるのを感じた。

 

今回の地震を経て、感じた事がいくつかある。

「何気ない日常というものが、多くの人たちの支えがあるからこそ成り立っている事」
これは、以前から感じていたが、今回の地震で改めて強く感じた。
道内全域での停電からここまで早く道内ほぼ全域での停電を解消してくれた北海道電力さんを始め、水道・ガス・ネットなど、
多くの人たちがインフラを支えてケアしてくれているからこそ、日常生活が成り立っているということのありがたみを多く感じた。

お店に関しても、店員さんが様々な事で頑張ってくれているからこそ、
こういった事態の中でも買い物が出来てという事のありがたみを強く感じた。

 

「ラジオってすごい」
iPhoneiPadのバッテリーの不安からなかなか情報収集などが出来なかった中、
家族の持っていたラジオが便利でありがたいなと感じた。
近々にラジオを買おうと思った。
ラジオに限らず、新聞もありがたかった。

 

「出来るだけ、今回の地震で感じた事を忘れずに進みたい」
時間は進むし、状況が変わるのも分かってはいるけど、
今回の地震で感じた事は、出来る限り忘れずにいたいなと思う。